This concept is based on a method and interface that will transform traditional cooking to the art of designing experimental, personalized, and nutritionally-controllable foods.
「未来の食事が3Dプリンターで作られるようになったら…」ということを想定して作られた、メソッドとインターフェースを開発。
今までの料理とはまったく違う料理方法を繰り出す3Dプリンターは、見た目をもっと自分好みにしたり、デザインをパーソナライズできたり、栄養バランスを調整できるようにしています。

Since trusting a machine to completely reinvent the way you eat is challenging, the UI was designed to reassure the user that what they create is nutritional and fun to design, with every adjustment made to their creation visible at all times. 

食べ物を開発する機械を信用することは、とてもチャレンジングなこと。そこで、作るものがきちんと栄養に富んでいて、楽しくデザインでき、また、すべての工程を確認できる、ユーザーを安心させるUI設計になっています。
The machine would also have to be created from scratch to accomodate for all of the adjustments that the interface would allow. The machine would have numerous nozzles so that the user could create their food with real pureed food, or they could use the all-around nutritional liquid of the future so they can focus their full energy on the creativity rather than the nutritional value. 

機械は、インターフェースが行うすべての操作を実現させるために、ゼロから開発する必要があります。また、数え切れない量のノズルを搭載することで、ユーザーが今後、もっとクリエイティブな活動にエネルギーを注ぐことができるよう、ピューレや、栄養に富んだ未来の液体の使用が可能になります。
Back to Top