Lots of people ride bicycles in Tokyo, even when it’s freezing out. When the icy winds blow, people opt to pedal with their hands in their warm pockets, leaving handles unoccupied and balance to be in jeopardy. This is the insight that is the basis for the Warming Wraps - the pedaling generates natural energy that warms up your bicycle handles. Simple idea, simple installation, simply life-saving.
*このアイデアはヤングカンヌのために提出した案です。
どんなに寒い日も、東京では多くの人が自転車に乗っています。中には、冷たい風が吹くとき、ポケットに手を入れながら走る人も。もちろんそのとき、手はハンドルから離れ、とても危険な状態になります。このインサイトを元に出来たのが、「Warming Wraps」です。これは、自転車のハンドルに巻くテーブで、ペタルをこぐエネルギーを使って、自転車のハンドルを温めることができるプロダクト。シンプルなアイデアと取り付けによって、簡単に人の命を救うことができます。
There will be connective wires that link the crank on the bicycle to the handles, sending natually generated energy straight to the coiled wires embedded in the bar tape. All hands will stay so cozy, no one will want to reach in to their pockets again while in motion. 

自転車のクランク部分とハンドルをつなぐワイヤーを通じて、ハンドルに巻かれたテープが温まります。手はハンドルの上でも、温かいまま。むしろ、ポケットに手を入れたくなくなります。
Back to Top